日々の経理業務は税理士に依頼して省力化しよう!

会社設立

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

この記事を書いている私は、経営歴8年です。

会社設立も大変ですが、ここからがスタートです。日々の業務もやり、売上を上げつつ、税務署等への各種届出から始まり、日々の仕分けの記帳、そして決算処理と、目まぐるしい事務所作業が待っています。

正直、マンパワーでは足りない状況になるはずです。

経理を担当する人を雇えばよいのですが、開業当初から人材を確保できるような会社は少ないはずです。

 

経理業務を税理士にお願いする

そこで、最初に税理士を決めてしまう事をお勧めします。

というのも、会社規模(売上、資本金、仕訳本数など)によりますが、税理士に税務顧問および記帳代行を頼んだ場合、月額数万円程度で記帳まで行ってもらえるからです。

経理を担当する人を雇うとなると、最低でも月給20万円程度は必要となるので、数万円かつ経理よりも正確に処理してもらえる税理士にお願いする方がお得です。

また、税理士によっては、初年度は割引をおこなっているところもあるので、さらにお得といえます。

たまに、自分一人でがんばる社長もいますが自分で始めたものの、最終的には税理士にお願いしなければならない状況になる事も少なからず起こります。

特に、税理士の場合、ほかの士業と違い、日々の業務を処理してもらうので、必要不可欠なパートナーといえます。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました