起業するなら株式会社が有利

会社設立

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

この記事を書いている私は、経営歴8年です。

法人の種類にはいくつかあります。

代表的なものとしては、株式会社ですね。

株式会社は、営利目的の代表的な会社です。

他にも、有限会社や合同会社や合名会社や合資会社や一般社団法人や一般財団法人や公益社団法人・公益財団やNPO法人や組合などあります。

 

ハッキリ言いますが、起業するなら株式会社がお勧めです。確かに、

 

初期費用が安いのは合同会社です。

 

株式会社の場合は、

1.称号や資本金などと言った会社の概要を決定する

2.決定した1について定款を作成し、公証人の認証を受ける

3.定めた資本金を金融機関へ払い込む

4.登記を行う

 

発生する費用としては、

定款へ貼付する印紙が4万円(電子定款の場合は不要)

公証人へ支払う手数料が5万円

登記の際の登録免許税が最低15万円

 

株式会社は20万円はかかります。

 

一方、合同会社の場合は、費用面では、登記の際の登録免許税が最低6万円となりますので、電子定款をすると、印紙代ゼロ円、公証人手数料ゼロ円、登録免許税6万円の計6万円で設立が可能となります。

 

事業を大きくしていくなら株式会社が有利

 

だいぶ認知はされてきましたが、株式会社に比べると合同会社の認知度は未だに低いのが現状です。

株式会社でいうところの、株主や代表取締役は、合同会社では、社員や代表社員という呼び方になります。

 

単に耳慣れないだけですが、手間も少なく費用も安くできる合同会社の対外的な信用力は、株式会社に比べ、劣ります。

 

頻繁に名刺を交換し、事業を大きく展開する事を目的とするような場合は、株式会社とする方が良いです。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

 

タイトルとURLをコピーしました