労災保険には必ず加入しよう

創業期

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

この記事を書いている私は、経営歴8年です。

一般の従業員を雇い入れた場合、労働者の為の保険である「労働保険」に加入しなければなりません。

労働保険とは、労災保険と雇用保険の2つを合わせたものです。

それでは、それぞれの加入義務とは、どのような働き方をする人に生じるのでしょうか。

 

労災保険料は全額会社負担

まず、労災保険とは、従業員が仕事中や通勤中にけがをした場合などに、治療費や休業中の補償を受けるための保険です。労働者として雇った場合には、たとえ1日のみのアルバイトであろうと、正社員だろうと、必ず加入しなければなりません。

また、労災保険料は全額事業主の負担となり、従業員の給与からは天引きされません。

 

65歳以上の労働者も雇用保険に加入できる

一方、雇用保険とは、主に従業員が退職した際に失業給付を受けるための保険であり、次の要件を満たす人を雇用した場合に加入する必要があります。

 

1.週に20時間以上働く人

2.31日以上雇用する見込みがあること

 

両方の要件を満たす必要があり、いずれかの要件を満たさない場合は、被保険者となりません。

ただし、学生(夜間、通信を除く)については、これらの要件を満たしていても適用除外になります。というのも、一般的に、夜間や勇心製の学校は働きながらに対し、昼間学生の本分はあくまでも学業であり、失業という概念が成り立たないからです。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました