会社設立

会社設立

社会保険と国民・国民年金の違い

社会保険とは、一般的に健康保険と厚生年金を指します。 社会保険は、会社(法人)からお給料をもらっている人を対象とした制度であるのに対し、国民健康保険・国民年金は、社会保険の適用が無い個人事業所で働く人や個人事業主、無職...
会社設立

役員報酬が1000万円超なら節税をしよう!

役員で会社からの報酬(給与)次第でかなり税率が変わります。 法人税は23.2%、法人住民税及び法人事業税等を加味した実効税率は約30%となります。 一方、所得税は所得税が増えるほど税率も増える累進課税になっていて...
会社設立

会社設立後は各種期限以内に届出を提出しよう。

法人を設立した際、税務署、都道府県税事務所、市区町村へ各種届出書を一定期間内に提出しなければいけません。 書類提出は税理士に依頼しよう 一定期間内というのが特に重要で、届出書ごとに提出期限が異なります。 期...
会社設立

意外と開設するのが難しい法人口座

会社を設立したら、法人名義の銀行口座を開設しますね。 社長の個人口座で取引してもいいのではという人もいますが、実際は難しいです。 つまり、取引相手は、●●社と契約を結び、その契約に従って振り込みを行います。 ...
会社設立

士業はそれぞれ選ぶ事が大切

法人を設立すると仕方が無く、いろいろと問題が生れます。 その問題それぞれ毎に専門家がいます。 その専門家に相談する方がスムーズに解決できます。 しかし、専門家へ頼むという事はそれだけコストもかかるという事で...
会社設立

日々の経理業務は税理士に依頼して省力化しよう!

会社設立も大変ですが、ここからがスタートです。日々の業務もやり、売上を上げつつ、税務署等への各種届出から始まり、日々の仕分けの記帳、そして決算処理と、目まぐるしい事務所作業が待っています。 正直、マンパワーでは足りない...
会社設立

20万円用意すれば会社を設立できる

会社を設立するにあたり発生する費用は次の通りです。 1.設立そのものにかかる費用 【登録免許税】 株式会社の場合は最低15万円、合同会社の場合は最低6万円 【印紙代】 電子定款の場合はゼ...
会社設立

定款の記載に注意しよう!

法人を設立するにあたって、さまざまな手続きを行わなければなりません。 定款には「絶対的記載事項」を必ず記載しよう 1.基本的事項の決定 発起人、商号、本店所在地、事業目的、資本金の額、決済器などをあ...
会社設立

調整して消費税の免税期間を長くしよう!

法人を設立するメリットして、「消費財の免税が受けられること」と考えている人が非常に多くいます。 しかし、消費税の免税事業者になるためには、さまざまな条件をクリアしなければなりません。 納税義務免除は1000万...
会社設立

会社設立時の資本金の設定は注意してください。

会社を設立するにあたり、資本金を決める必要がありますね。 会社名は自由に決める事ができます。 昔は、類似商号が禁止されていましたが、現在では同一住所でなければ基本的にはなんでも大丈夫です。 ただし、...
タイトルとURLをコピーしました