創業期

会社設立

意外と開設するのが難しい法人口座

会社を設立したら、法人名義の銀行口座を開設しますね。 社長の個人口座で取引してもいいのではという人もいますが、実際は難しいです。 つまり、取引相手は、●●社と契約を結び、その契約に従って振り込みを行います。 ...
会社設立

士業はそれぞれ選ぶ事が大切

法人を設立すると仕方が無く、いろいろと問題が生れます。 その問題それぞれ毎に専門家がいます。 その専門家に相談する方がスムーズに解決できます。 しかし、専門家へ頼むという事はそれだけコストもかかるという事で...
創業期

名刺管理サービスの選び方

名刺はビジネスチャンスを生み出す価値あるものです。 しっかり活かす事が成功の秘訣です。 ただ、紙で流通する名刺を管理するのはなかなか面倒なので、ぜひ名刺管理サービスの活用をお勧めします。 名刺管理サービスを...
創業期

ネット回線開設は何で選ぶ?

ビジネスには必須のネット回線。 でもプロバイダの法人向けプランはいろいろあってどうやって選べばいいかお困りの方も多いのではないでしょうか? プロバイダを選ぶ際のポイントについて解説します。 ネット回線を...
創業期

決済方法を充実させよう!

売上げ向上のひとつの施策として、クレジットカード決済の導入があります。 高額の商品やサービスを購入する場合、顧客にとっては多額の代金を持参して現金で支払うより、カードでの支払いの方が安心かつ便利です。 ...
会社設立

確定申告「青色申告」と「白色申告」の違い

確定申告には2種類があります。 「青色」と「青色ではない」という区分になります。この「青色ではない」を「白色」と呼んでいます。一般的には「青色申告」が断然おすすめです。 特別な理由が無い限り白色申告は避けた方が良...
創業期

法人設立後の税務関係手続き

会社を作った後に行う必要のある税務関係の手続きについてまとめてみました。 会社を作ったら最初に提出する3つの書類 1.法人設立届書 設立後2か月以内に、設立した法人の概要を届け出る必要があります。 届...
創業期

創業期の税金イベント一覧

1独立 会社員を辞めて、自身の事業を開始する。 会社員時代には、会社側で住民税の特別徴収・納付を行っていたが、起業後には、翌年5月までの住民税を自身で納める事となります。 2確定申告(個人) 1年間の...
創業期

創業直後口座開設どうすればいい?

創業直後の口座開設は難しい? 会社を作り、正式な登記が終わったら(また登記前でも)銀行口座を開設する必要があります。しかし、最近は銀行口座の開設が難しくなってきています。 法人名義の口座を悪用した投資勧誘...
創業期

法人口座開設どこを選べばいい?

法人口座開設起業家が注意すべきポイント 企業間で取引をする際は法人口座の開設が必要です。 どの銀行を選べば良いのか迷うのはもちろんですが、法人口座を開設するには金融機関の審査も厳しく、しっかり準備をしないと事業の...
タイトルとURLをコピーしました