決済方法を充実させよう!

創業期

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

この記事を書いている私は、経営歴8年です。

売上げ向上のひとつの施策として、クレジットカード決済の導入があります。

 

高額の商品やサービスを購入する場合、顧客にとっては多額の代金を持参して現金で支払うより、カードでの支払いの方が安心かつ便利です。

 

最近では、クレジットカードで決済するとポイントが貯まるなどのインセンティブも多く、顧客のクレジットカードでの決済は着実に普及してきています。

 

また、クレジットカード決済にすると、顧客の購入単価が大きくなることが統計的にも知られており、事業者側には導入の大きなメリットになります。

 

一方で、従来クレジットカード決済は、一般的に導入コストが高額な上、決済手数料も高く、スタートアップ企業にはなかなか手が出せない事が多かったです。

 

また、現金決済と異なり、代金の入金まで時間を要するため、キャッシュフローが悪化するという課題もありました。

 

しかし、現在では、スマートフォンやタブレットにカードリーダーを取り付けることで、低コストでクレジットカード決済を利用できるサービスが登場し、急速に普及しつつあります。

 

また、決済代金を最短で翌営業日に入金してくれるサービスも登場し、クレジットカード決済の導入のハードルは大きく下がってきています。

 

クレジットカードの利用シーンは確実に広がっており、導入コストの問題もクリアされつつあります。

 

スタートアップ企業も、クレジットカード決済の導入を積極的に検討するべきです。

 

入金サイクルと導入費用をチェックしよう

カード決済の導入には、商品購入率、商品購入単価を上げる効果があります。

従来、手数料や入金サイクルの遅さ(従来は最大60日後入金)がネックであったが、近年は決済手数料や導入費用が以前と比べ低くなっており、入金サイクルも短くなっている事から、カード決済導入の利便性が高いです。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

 

タイトルとURLをコピーしました