名刺管理サービスの選び方

創業期

こんにちは、堀江謙介です。(@kentravel0512

この記事を書いている私は、経営歴8年です。

名刺はビジネスチャンスを生み出す価値あるものです。

しっかり活かす事が成功の秘訣です。

ただ、紙で流通する名刺を管理するのはなかなか面倒なので、ぜひ名刺管理サービスの活用をお勧めします。

名刺管理サービスを利用する事で、管理が簡単になるだけではなく、マーケティングや顧客管理も簡単になります。

自社の利用実態に合ったサービスを見つけるようにしましょう。

 

法人向け名刺管理システムの選び方

【システムタイプで選ぶ】

名刺管理サービスにはクラウド型と買取型の2種類があります。

クラウド型は、サービス提供業者のサーバーにデータ保存するもので、自社でサーバーを用意しなくていい為、初期費用が抑えられ導入が簡単です。

買取型は自社のサーバーでデータを管理するもので、はじめの費用は高くなりますが、ランニングコストが抑えられます。

 

【コストパフォーマンスで選ぶ】

サービスによって料金体系は様々です。

クラウド型の場合、名刺の枚数、データの目視チェックがあるかどうかなど、料金が変わります。

自社で月に増える名刺の数や名刺管理に割ける社員の労力などを考慮し、コストとの比較をしましょう。

 

【使い勝手で選ぶ】

名刺管理の方法としてデータを手入力する人は減っています。

スキャナーでスキャンして取り込むのはもちろんスマホのカメラスキャンして、取り込めるのはもはや必須と言えます。その他に外部サービスとの連携や、目視で補正されたデータが反映されるスピード、コンタクト履歴やビジネスニュースとの紐づけなど使い勝手の良さも重要のポイントです。

便利なサービスだと思っても自社で利用するメリットが無かったり、コストに見合っていないこともある為、利用実態に合っているかチェックしましょう。

有料サービスでは無料期間が設定されている事があるので先に使い勝手を試す事もおすすめします。

 

アプリで簡単に名刺管理

個人やまずは1人で起業した社長だと名刺管理の枚数が少ないため、名刺管理アプリが最適です。

スマホカメラで名刺を読み込みデータ化するので、かさばらず検索も簡単になります。

 

【名刺管理アプリの特徴】

名刺管理アプリはスマホのカメラのOCR機能を使って、名刺に書かれている情報をデータ化する。クラウドサービスを使うので、システム費用が安く済むため、無料のアプリも多いです。

名刺管理アプリにはメッセージ機能の付いたものがあり電話やメールも可能です。メッセージ機能がある事で、名刺交換した相手と簡単にコミュニケーションをとることができます。

 

【名刺管理アプリの注意点】

名刺管理アプリは、スマホカメラで紙の名刺を読み取り、データ化するので、専用スキャナのように大量の名刺を一度にデータ化できないです。

また、名刺の枚数に制限があるモノや、パソコンソフトが無いと使えいないものもある為、注意が必要です。

名刺管理アプリは無料のものが多く、クラウド管理されている者がほとんどです。アプリにもよりますが、スマホだけでなく、パソコンやタブレットから閲覧、編集できるものもあります。

個人利用する場合には、会社がクラウドサービスの利用を禁止している事もある為、仕事関係の名刺データを保存する際には確認しましょう。

 

PS: 只今、ストレスフリーで楽しく裕福になるための3つのヒントを無料でプレゼントしています!↓

(クリックしてください)

 

タイトルとURLをコピーしました