創業期

領収書の仕組み

よくある質問で、 「仕事で使った領収書は経費で落とせるのか?」 はい。落とせます。 仕事のために使ったお金は、仕事で得たお金から差し引けるのが基本です。 領収書がそれを証明してくれます。 売...
創業期

キャリアアップの為の助成金をもらおう!

「助成金」とは、働く環境の整備や職業の安定、人材の育成を促進するために、厚生労働省が企業に給付する返済不要のお金のことをいいます。 (厚生労働省) なかでも人気のある助成金に、「キャリアアップ助成金」というものが...
創業期

会社を設立したら守るために就業規則を作成しよう!

「就業規則」とは、会社や従業員が守るべきルールを定めたもので、いわば、会社の法律です。 人を雇う場合、それぞれ労働条件が違うので、雇用契約書のなかで細かい取り決めをしますが、就業規則は、全ての従業員に共通するルールを定...
創業期

労災保険には必ず加入しよう

一般の従業員を雇い入れた場合、労働者の為の保険である「労働保険」に加入しなければなりません。 労働保険とは、労災保険と雇用保険の2つを合わせたものです。 それでは、それぞれの加入義務とは、どのような働き方をする人...
会社設立

社会保険と国民・国民年金の違い

社会保険とは、一般的に健康保険と厚生年金を指します。 社会保険は、会社(法人)からお給料をもらっている人を対象とした制度であるのに対し、国民健康保険・国民年金は、社会保険の適用が無い個人事業所で働く人や個人事業主、無職...
創業期

社会保険に加入すべき会社とは?

法人を設立した場合、「開業当初は代表者である自分一人しかいない為、保険に加入しなくてもよい」と考える方もいますが、法人の場合は、規模や業種に関係なく、すべての事業所が加入対象となる「強制適用事業所」に該当するため、社会保険の...
創業期

従業員との雇用契約書は署名の有無に注意しよう!

「雇用契約書」とは、使用者が労働者と雇用契約書を結ぶ際に取り交わす書類の事です。 一般的には、2部作成し、署名・押印したものを事業主と労働者が各々保管します。 また、雇用契約書と類似した言葉で「労働条件通知書」と...
創業期

税金の納付が遅れるとペナルティが発生します

「会社が所得税を代わりに納める源泉徴収制度」では、源泉所得税を所定の時期までに納付しなければいけません。 源泉所得税の納付をうっかり忘れてしまった、または、資金繰りが苦しく支払えなかった場合は、 納付が遅れる...
創業期

会社が所得税を代わりに納める源泉徴収制度

源泉徴収制度とは、給料や報酬を支払う際に、支払者である会社が所得税分を差し引いて、個人に代わって国に納める制度です。 源泉徴収の対象となるものは、役員や従業員に対する給料、賞与、退職手当等の支払いのほか、個人に対する原...
会社設立

役員報酬が1000万円超なら節税をしよう!

役員で会社からの報酬(給与)次第でかなり税率が変わります。 法人税は23.2%、法人住民税及び法人事業税等を加味した実効税率は約30%となります。 一方、所得税は所得税が増えるほど税率も増える累進課税になっていて...
タイトルとURLをコピーしました